PET検査とがん治療講座

lime.jpg

PET検査総合サイト PETCT検査はがん早期発見可能な検査です。がん検診やがん検査の分野でPET検査が注目されています。

PET検査の実際と各種がんの基礎知識やがん治療について解説しているサイトです




PET検査って何??


PETは「ポジトロン・エミッション・トモグラフィー」の略で、日本語では陽電子放射線断層撮影といいます。
活発ながん細胞は、正常な細胞に比べて通常3~8倍近くのブドウ糖を体に取り込んで消費します。PET検査はその性質を利用した検査で、ブドウ糖によく似た構造のFDG(フルオロデオキシグルコース)という薬剤を注射した後、それをPET装置で撮影し、FDGの集まり方を画像化して診断するものです。

lime.jpg

PETはCTやMRIなど臓器の形から腫瘍の有無を診断する従来の検査法とは異なり、細胞の代謝・機能を調べることでPET検査は早期がんの発見に優れています。

またPET検査は、体の広範囲の部位(眼窩~大腿部)を一度に検査できる特性を持っているために、予期せぬところに生じたがんの転移や再発を早期にできる検査法としても期待されています!!

がんの予防

がん細胞は、正常な細胞の遺伝子に傷がつき、遺伝子の変異がおきた異常な細胞です。がん細胞は際限なく増え続け、いろいろな臓器に転移する力を持っています。
喫煙や食事などの生活習慣は、正常な細胞の遺伝子に傷をつけ、がん細胞が増えていくのを促進する作用があります。がんは、生活習慣病としての側面を持っているのです。


がんの原因になる生活習慣として最大のものが、「たばこ」と「食事」です。
がんの原因の6割は、たばこと食生活が関与していると考えられます。
最近話題のメタボリックシンドロームもがん発病に深く関わっています。生活習慣の改善や運動、喫煙などががん予防につながります!

lime.jpg

がん早期発見には定期的な検査や人間ドッグを受けることが有効です!PET検査も伏せて行えば早期のがんが発見できる可能性も高くなります。定期的に検査を受診し、がん早期発見に努めましょう。PET検査でも苦手ながんもあれば発見率が高いがんもあります。
PET検査の有効性を正しく理解しましょう!!!

PET検査とがん治療講座カテゴリー項目一覧

がんについて

がんと治療費 がんの現状状況 がんを予防する がんの症状兆候について 良性腫瘍

がんの診断方法

血液検査 内視鏡検査 超音波検査 RI検査(がんの診断方法) CTとMRI(がんの診断方法)

PET検診検査の基礎

PETとCT検査 PET/CT検査 PET検査の限界 PET検査の特徴3 PET検査の特徴2

PET検診検査で分かる事

PET検査は女性の方に負担をかけません PET検査は「がん」転移判定に役立つ PET検査は癌の判断が可能です PET検査ががん(癌)の早期発見に

PET検査の高い有効性

PET検査有効性:治療効果判定 PET検査有効性:リンパ節の質的診断 PET検査有効性:全身病変の検索など PET検査有効性:がんの再発の診断 PET検査有効性:良悪性の鑑別

PET検査と健康保険

頭頚部がん 虚血性心疾患(脳疾患及び心疾患) てんかん(脳疾患及び心疾患 ) 悪性黒色腫(腫瘍10疾患) 原発不明がん(腫瘍10疾患)

PET検査Q&A

心臓病もPETでわかりますか? PETの弱点は? ペット検査は狭心症、心筋梗塞の診断に有効なの? PETは保険は使えますか?検査料が高額になるのでは? 移転したがんは分かりますか?

PET検査と現代病

PET検査の威力

PET検査実施病院クリニック

PETCT検査:三重・和歌山県 PETCT検査:愛知 PETCT検査:静岡 PETCT検査:山梨・新潟・長野 PETCT検査:神奈川

肺がんの基礎

肺がんとは 肺がんと抗がん剤 非小細胞肺がん 肺がんの種類

胃がんの基礎

非常に進行した胃がん 進行胃がん 早期の胃がん治療 超早期の胃がん 胃がん

大腸がんの基礎

大腸がん発見の主な検査法2 大腸がん発見の主な検査法1 大腸がんはどんな人がなりやすいの? 大腸がんとは

直腸がんの基礎

直腸がんの症状 直腸がんの原因 直腸がんとは?

女性に必要ながん検診

女性とがん保険 卵巣がん 子宮体がん 子宮頸がん 卵巣腫瘍

がん保険と実態

がん保険の選び方 がん保険の特徴 がん保険の裏と表! がん保険の基礎

がんリンク集

がん治療・がん検査リンク集3 がん治療・がん検査リンク集2 がん治療・がん検査リンク集1