Top >  PET検査と健康保険 >  乳がん(腫瘍10疾患)

乳がん(腫瘍10疾患)

PET検査と乳がん

・他の検査、画像診断により乳癌の存在を疑うが、病理診断により、確定診断が得られない患者
・他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない患者

PET検査を行なうことで、他のCTやMRIなどの検査を省略することができると考えている患者様が時々見受けられますが、PETは細胞の性質を見る検査であり、病気の形や場所を判断することが非常に苦手です。
このため、PETを有効に使うためにはCTなどの形を見ることのできる検査と組み合わせて利用することが必須です。

<前>   |  乳がん(腫瘍10疾患)  |   <次>

PET検査と健康保険

PET検査と健康保険の関係について
PET検査で健康保険適用になる条件や検査条件について解説します
PET検査と健康保険を学びましょう

関連エントリー