Top >  PET検査と健康保険 >  膵がん(腫瘍10疾患)

膵がん(腫瘍10疾患)

PET検査と膵がん

・他の検査、画像診断により膵癌の存在を疑うが、腫瘤形成性膵炎と鑑別が困難な患者に使用する。

すべてのがんがPET検査のみで早期発見できるわけではありません。
PET検査で見つかるがんもありますし、これまでの超音波検査、X線CTや内視鏡検査やその他の検査法とPET検査を組み合わせることも必要です。
肺がんの場合、「高速らせんCT」と呼ばれる高性能CTで、早期がんの発見率が高まったとの報告がある。
さらに卵巣がんに超音波検査、乳がんには超音波と視触診の併用検査、前立腺がんにPSA(前立腺特異抗原)と呼ばれる血液マーカー検査などが行われています。

<前>   |  膵がん(腫瘍10疾患)  |   <次>

PET検査と健康保険

PET検査と健康保険の関係について
PET検査で健康保険適用になる条件や検査条件について解説します
PET検査と健康保険を学びましょう

関連エントリー