Top >  PET検査と健康保険 >  原発不明がん(腫瘍10疾患)

原発不明がん(腫瘍10疾患)

PET検査と源発不明がん

・リンパ節生検、CT等で転移巣が疑われ、かつ、腫瘍マーカーが高値を示す等、悪性腫瘍の存在を疑うが、原発巣の不明な患者に使用する。
ペット検査.bmp
PET検査も、すべてのがんで役立つわけではありません。肝臓癌、胃癌、前立腺癌は超音波検査や内視鏡検査などの方が、PET検査より有用なことが多いようです。
このように、PET検査が適しているものと適していないものがあります。

<前>   |  原発不明がん(腫瘍10疾患)  |   <次>

PET検査と健康保険

PET検査と健康保険の関係について
PET検査で健康保険適用になる条件や検査条件について解説します
PET検査と健康保険を学びましょう

関連エントリー