Top >  PET検診検査で分かる事 >  PET検査ががん(癌)の早期発見に

PET検査ががん(癌)の早期発見に

PET検査はがん(癌)の早期発見に役立ちます

がん細胞は通常細胞に比べてブドウ糖を約 3~8 倍消費しますので、この性質を利用することにより、がん細胞を発見することができます。

がんは一般的に、直径1cm になるのには約10~20年 かかる。

i_02_b.gif

この時期を過ぎると急激に増殖し、手遅れになる可能性があります。


PET検査は、増殖前の小さながん細胞を発見でき、一回で全身を撮影できますので、従来の検査法に比べて約20倍の検出率と言われています。

pet_icon_2.gif


PET検査はがんの早期発見にとても有効な検査として有名です

<前>   |  PET検査ががん(癌)の早期発見に  |   <次>

PET検診検査で分かる事

PET検査やPET/CT検査で何が分るのでしょう?
がんの何までがPET検査で判断できるのでしょうか?
PET受診で分かる事やメリットについてここでは解説していきます。
PET検査の強みなどを学んでいきましょう

関連エントリー