Top >  PET検診検査の基礎 >  PET検査の特徴3

PET検査の特徴3

pet検査の特徴

pet.gif


PET検査では放射性薬剤を投与しますが、これによる被ばく線量は胃のバリウム検査の約半分(胃のバリウム検査:4mSv、PET検査:約2.2mSv)です。

放射性物質は2時間後には約半分に減り、翌日にはほとんど体内に残りません。

PET検査は体にも害のない安全な検査なのです

<前>   |  PET検査の特徴3  |   <次>

PET検診検査の基礎

PET検査やPET/CT検査が注目されています
PET検査と通常のPET検査は何が違うのでしょうか?
PET検査の特徴について解説していきます
PET検査の基礎はココで全て学べます

関連エントリー