Top >  PET検診検査の基礎 >  PET/CT検査

PET/CT検査

PET/CT(ペット・シーティーと呼びます)という診断機器を使ったがん検診です。

PET/CTとは、陽電子放射断層撮影装置(PET)とコンピュータ断層撮影装置(CT)を一体化し、 がんを始めとした腫瘍検査、脳及び心臓の機能検査に優れた特性を持つ複合型検査装置のことです。
 
petct.jpg

◆PET/CTがん検診の特徴

・代謝や血流など生体内の生理学的・生化学的な「機能」をとらえるPET(Positron Emission Tomography)
 
・体内の構造物形状や病変の位置などの「形態」を正確に把握するCT(Computed Tomography)
 
このふたつを同一機器内に組み合わせた検査装置です

<前>   |  PET/CT検査  |   <次>

PET検診検査の基礎

PET検査やPET/CT検査が注目されています
PET検査と通常のPET検査は何が違うのでしょうか?
PET検査の特徴について解説していきます
PET検査の基礎はココで全て学べます

関連エントリー