Top >  PET検診検査の基礎 >  PETとCT検査

PETとCT検査

PET/CTのまとめ

PETでは、がんがあることがわかります。
しかし・・・・正確な場所や形がわかりません。

●PETは平面的です。

CTでは、がんの正確な場所や形を調べることができます。
しかし、数cmの大きさのがんでないと 見つけられません。

●CTは立体的です。


pet_image.jpg

上記はPET/CT画像です(PETとCT画像の融合)

ふたつの画像を使えばがんはどこにあって、しかも正確な場所や形がわかります。

 

つまりPET/CT機器を使えば、PET検査もCT検査もたった1度の撮影でOKですね
 
従来では確定診断が難しかったがんや転移・再発がんの発見に威力を発揮します。
PET/CT機器の登場により、 より正確ながんの発見と診断が可能になったのです。

がん治癒に最適な治療を患者さんに提供できる革新的な 検査装置です。
しかも、撮影に要する時間も通常のPETとCTを別々に撮影するのに比べて半分の20~30分ぐらいです。

1回の検査は短時間で、体にやさしい検査なんです。

発見困難といわれているアルツハイマーの早期発見も可能です


心臓のPET検査では何がわかるのですか?

脳のPET検査では何がわかるのですか?

<前>   |  PETとCT検査  |   <次>

PET検診検査の基礎

PET検査やPET/CT検査が注目されています
PET検査と通常のPET検査は何が違うのでしょうか?
PET検査の特徴について解説していきます
PET検査の基礎はココで全て学べます

関連エントリー