Top >  PET検診検査の基礎 >  PET検査とは?

PET検査とは?

PET検査について

PET(ペット:Positron Emission Tomography)検査とは、日本語で「陽電子放射断層撮影法」と呼ばれX線CTのような形をした「PETカメラ」を用いて、全身や心臓、脳などの病気の原因を的確に診断する、新しい検査法です。


がん細胞は、正常細胞に比べて、多くのブドウ糖を細胞内に取り込んで消費します

pet仕組み.jpg

この性質を利用し、ブドウ糖が多く集まる場所をつきとめ、発育の早い「がん」を発見するのがPETと呼ばれる検査です


PET検査は通常の検査と比べ、早期のがんを発見することが可能です

癌成長.gif

早期発見にPET検査は欠かせない検査方法なのです!

PET検査の特徴1

PET検査の特徴2

PET検査の特徴3

  |  PET検査とは?  |   <次>

PET検診検査の基礎

PET検査やPET/CT検査が注目されています
PET検査と通常のPET検査は何が違うのでしょうか?
PET検査の特徴について解説していきます
PET検査の基礎はココで全て学べます

関連エントリー