Top >  PET検査と健康保険 >  てんかん(脳疾患及び心疾患 )

てんかん(脳疾患及び心疾患 )

PET検査とてんかん

難治性部分てんかんで外科切除が必要とされる患者に使用する。

PET検査はがんの転移をみつけるのに大変役立ちます。がんは、転移のあるなしによって、治療法が変わりますので、この検査は有用です。前立腺癌では、原発巣が膀胱と重なり、よく分からないことがありますが、膀胱と離れた骨に転移すると、膀胱と重ならないのでPET検査でよくわかります。

<前>   |  てんかん(脳疾患及び心疾患 )  |   <次>

PET検査と健康保険

PET検査と健康保険の関係について
PET検査で健康保険適用になる条件や検査条件について解説します
PET検査と健康保険を学びましょう

関連エントリー