Top >  がんについて >  がんの症状兆候について

がんの症状兆候について

がんの症状について


がんで言われる兆候について解説します
がんは症状兆候があらわれます
何か思い当たることがあれば、早期に病院に行ってみましょう!

→傷が中々治らない
→出血や分泌液の異常
→しこりやかたまりがある
→口臭が出てきた
→下痢や便秘を繰り返す
→咳、血痰、声のかすれが出てきた
→ほくろやいぼの急な変化がある(ほくろの大きさなど)
→尿意や尿の性状の変化
→体重が著しく減少した


症状がなかなか治らないとき、ひどくなるとき、2週間以上続くときは、必ず医師に相談しましょう。
痛みがないからといって安心してはいけません。

がんの初発症状は痛みがないことの方が普通です。
がんは死亡原因の1位です

がんは言うまでもなく早期発見がポイントとなります

<前>   |  がんの症状兆候について  |   <次>

がんについて

がん(ガン癌)とは何なのか?
がんの基本的な事やがんの治療費やがんの概念、悪性腫瘍などについて解説していきます。
がんの基礎についてまずは学びましょう!
がんは日本人死亡原因1位です。がんは特別な病気ではありませんよ!
がんの基礎についてしっかり学びましょう

関連エントリー