Top >  がんについて >  がんを予防する

がんを予防する

がんの予防は早期発見しかない!

早期発見・早期治療はあらゆる病気に共通の原則ですが、ガンにおいては特に大切です。

早期に診断・治療されればされるほど、根治率(根本的に治療できる確率)は高くなります。

胃カメラ.bmp


PET検査が現在では早期発見に有効と言われています。

症状や危険因子のあるなしに関わらず、男女を問わず、自己検診や定期検診が必要です。
乳がんは自己検診によって早期発見が可能です。

症状のない初期のうちに医師が発見可能なガンには、大腸がん、直腸がん、舌・咽頭がん、皮膚がん、乳がん、子宮頚がん、前立腺がん、睾丸腫瘍などがあります。

がんの生存率.gif


がん診断の方法一覧

血液検査
内視鏡検査
超音波検査
RI検査(がんの診断方法)
CTとMRI(がんの診断方法)
血管造影
レントゲン検査(がんの診断)
診察 (がんの診断)

<前>   |  がんを予防する  |   <次>

がんについて

がん(ガン癌)とは何なのか?
がんの基本的な事やがんの治療費やがんの概念、悪性腫瘍などについて解説していきます。
がんの基礎についてまずは学びましょう!
がんは日本人死亡原因1位です。がんは特別な病気ではありませんよ!
がんの基礎についてしっかり学びましょう

関連エントリー