Top >  がんの診断方法 >  レントゲン検査(がんの診断)

レントゲン検査(がんの診断)

がんの診断方法

最も一般的な検査法がレントゲン検査です。

単純撮影法は肺や骨のを透かして観察します。
しかしレントゲンでは「病変部」の判断が困難なケースも多々あるようです。
これはレントゲンでは影の部分しか判断できないからです。

その影が「悪性」なのか「良性」なのかは判断できません。

レントゲン診察.bmp


レントゲン検査に加え、造影法というものもあります。
造影法は病変がレントゲンに写りやすくするように、造影剤を使用する方法です。

<前>   |  レントゲン検査(がんの診断)  |   <次>

がんの診断方法

がん検査やがん検診について
がんの診断や診察にはどのような種類があるのか?
がんはどのような検査で調べるのか?
がんの診断方法について解説していきます
既存のがん検査について学んでいきましょう

関連エントリー