Top >  がんの診断方法 >  血管造影

血管造影

がんの診断方法


血管造影(アンギオグラフィー)は血管内に造影剤を注射し腫瘍周囲の血管の変化を観察します。
消化管造影はバリウムを飲んだり浣腸して、胃腸の粘膜を観察します。


血管造影での画像↓

血管造影.jpg

このように造影剤で血管を観察できます
血管に詰まりや狭窄があった場合に、異常個所が一目でわかります。

<前>   |  血管造影  |   <次>

がんの診断方法

がん検査やがん検診について
がんの診断や診察にはどのような種類があるのか?
がんはどのような検査で調べるのか?
がんの診断方法について解説していきます
既存のがん検査について学んでいきましょう

関連エントリー