Top >  がんの診断方法 >  超音波検査

超音波検査

がんの診断方法

エコー検査と一般的に呼ばれるものです

超音波(人間には聞こえない音)を体外から当てたとき、体内のしこりで反射または吸収される性質を利用して、反射音(エコー)をテレビ画面に画像として映し出す診断法です。

超音波で観察しながら針で組織や細胞を採取することもできます。
胃がんなどの発見に適しています

<前>   |  超音波検査  |   <次>

がんの診断方法

がん検査やがん検診について
がんの診断や診察にはどのような種類があるのか?
がんはどのような検査で調べるのか?
がんの診断方法について解説していきます
既存のがん検査について学んでいきましょう

関連エントリー