Top >  がんの診断方法 >  内視鏡検査

内視鏡検査

がんの診断方法

身体を内面から観察する方法です。
胃内視鏡は口から胃を、大腸鏡は肛門から大腸全域、気管支鏡は気管の中を観察できます。
胸腔鏡は肺を、腹腔鏡は肝臓や他の内蔵を観察します。

消化器系のがんの発見に有効な検査です

膀胱鏡は泌尿器のガンの診断に不可欠です。

これらは観察と同時に、細胞や組織を採取しガンの有無を調べたり、早期のガンを切除することもあります。

<前>   |  内視鏡検査  |   <次>

がんの診断方法

がん検査やがん検診について
がんの診断や診察にはどのような種類があるのか?
がんはどのような検査で調べるのか?
がんの診断方法について解説していきます
既存のがん検査について学んでいきましょう

関連エントリー