Top >  がんの診断方法 >  血液検査

血液検査

がんの診断方法

破壊された組織から血液中に放出される酵素の量を測定することにより、どの組織がガンに犯されているかを推測することができます。

腫瘍マーカーはそれぞれのガンに特異的な抗原の血中濃度を測ることにより、ガンの広がりや、治療の効果を知ることができます。

即時では分からないため、時間が少しかかります

<前>   |  血液検査  |   <次>

がんの診断方法

がん検査やがん検診について
がんの診断や診察にはどのような種類があるのか?
がんはどのような検査で調べるのか?
がんの診断方法について解説していきます
既存のがん検査について学んでいきましょう

関連エントリー