Top >  PET検査Q&A >  PET検査はどんなガンでも発見できるか?

PET検査はどんなガンでも発見できるか?

PET検査が苦手ながんの種類など

PETでは診断が難しい、あるいはその有用性が低いがんがいくつかある


●PETで診断しにくいと言われているがん

胃がん・腎がん・尿管がん・膀胱がん・前立腺がん・肝細胞がん・胆道がん・白血病など


これらのがんは「原発巣の診断には向かない」ということで、遠隔転移や再発診断にはPET検査が有効な場合もあります。

PET検査が有用か有用でないかに関しては専門的な判断が必要ですので、一概に述べることは困難です。

PET検査を受ける前に専門医(放射線科医)へ相談しましょう!

<前>   |  PET検査はどんなガンでも発見できるか?  |   <次>

PET検査Q&A

がんやPET検査についての質問と回答です
PETやがん検査で疑問に思うことや良くある質問をまとめてみました。がん検査の際にはぜひ参考にして下さい

関連エントリー