Top >  PET検査Q&A >  脳のPET検査では何がわかるのですか?

脳のPET検査では何がわかるのですか?

脳疾患とPET検査

脳は血流により運ばれたブドウ糖や酸素を大量に消費しています。
脳には神経細胞の間で情報を交換するための神経伝達物質や神経受容体といわれるものがあります。
 
脳の血流やエネルギー代謝は、神経細胞の活動が盛んな部位で高く、活動が衰えた部位では低くなります。

PET検査では、ブドウ糖や酸素の代謝をみることによって、脳の局所の機能がわかります。
神経受容体の状態などもみることができます。

<前>   |  脳のPET検査では何がわかるのですか?  |   <次>

PET検査Q&A

がんやPET検査についての質問と回答です
PETやがん検査で疑問に思うことや良くある質問をまとめてみました。がん検査の際にはぜひ参考にして下さい

関連エントリー