Top >  肺がんの基礎 >  非小細胞肺がん

非小細胞肺がん

非小細胞肺がん

小細胞肺ガンの7割は、進行したⅢ期からⅣ期の段階で発見される。

この段階での治癒は難しいので、放射線治療や抗ガン剤治療を行いながら、「広い意味での延命」を目標にすることになります。
がんとの共生を目指します。

がん治療には
・がん手術
・がん手術が不可な場合の延命 があります

がん治療を心がけましょう!

<前>   |  非小細胞肺がん  |   <次>

肺がんの基礎

肺がんとは何か?
肺がんの基礎知識から、肺がんの種類や肺がんの治療法について解説していきます
肺がんの基礎から治療について学んでいきましょう

関連エントリー