Top >  胃がんの基礎 >  胃がん

胃がん

胃がんについて

中年以降の人には、胃ガンの集団検診が行われています。
これはバリウムを飲んで数枚のレントゲンを撮る方法。

異常が疑われるときや、症状がある場合やは精密検査を行います。
胃透視はバリウムを飲んで胃を圧迫したり体の向きを変えながら、さらに詳しいレントゲン写真を撮ります。
胃の内視鏡は直接胃の内面を観察し、さらに疑わしい部位の組織を採取して顕微鏡で調べます。

胃がんは進行度に応じて四つの治療法があります
まずはどれに属するかを把握することです

胃がんはPET検査や検診で容易にみつかるガンです

<前>   |  胃がん  |   <次>

胃がんの基礎

胃がんとは何か?
胃がんの基礎知識から、胃がんの種類や胃がんの治療法について解説していきます
胃がんの基礎から治療について学んでいきましょう

関連エントリー