Top >  胃がんの基礎 >  超早期の胃がん

超早期の胃がん

胃がん

胃内視鏡を使い、ガンのある胃粘膜を削り取るだけ(粘膜切除)の治療。
入院も1日か2日で済む。
ただし、この治療はその後1割が再発するので要注意です。
胃がんの疑いはまずは内視鏡検査から!

<前>   |  超早期の胃がん  |   <次>

胃がんの基礎

胃がんとは何か?
胃がんの基礎知識から、胃がんの種類や胃がんの治療法について解説していきます
胃がんの基礎から治療について学んでいきましょう

関連エントリー