Top >  胃がんの基礎 >  進行胃がん

進行胃がん

胃がん

胃がんは熟練した手術技術とさまざまな抗ガン剤治療の用意された施設で治療を受けたいもの。
抗ガン剤は、イリノテカンやドセタキセルとほかの抗ガン剤の組み合わせ、メソトレキセート+5FU+ロイコボリン、EAPなどの点滴や、飲み薬のTS1などの中から、自分の胃ガンにあった抗ガン剤を探し出します。

治癒するかしないかが五分五分のこのガンで、何が治癒に影響しているのかはまだハッキリしていませんが、一回限りの命ということを考えれば、無理のない範囲でできる限りの治療を選択します。

<前>   |  進行胃がん  |   <次>

胃がんの基礎

胃がんとは何か?
胃がんの基礎知識から、胃がんの種類や胃がんの治療法について解説していきます
胃がんの基礎から治療について学んでいきましょう

関連エントリー