Top >  がんについて >  ガンとは何か?

ガンとは何か?

がん(癌)腫瘍とは何なのか???

「細胞の異常な増殖によって生じる100種以上の病気の総称」―
     [アメリカ国立がん研究所によるガンの説明より]

30万人の日本人がガンに冒され死亡する

3人に1人はガンが死因である

ガンは病気のグループ全体の総称です。
ガンは細胞が異常をきたし、自己制御を失って際限なく分裂したときに起こります。

がんはそれが発生した細胞ごとに分類されるため、百以上のガンがあります。
この細胞は通常その数を増やす必要が生じたときだけ、一定の法則に従って分裂増殖します。


がんの生存率.gif

これによって身体を健康に保つことができるのです。
もし必要がないのに、細胞が勝手に分裂増殖すると、大量の組織が生じます。

この組織によって作られたしこりを腫瘍と呼びます。

腫瘍には良性腫瘍悪性腫瘍があります。


がんの診断方法
には多数あります。
それぞれメリットやデメリットがある事を理解しましょう!

<前>   |  ガンとは何か?  |   <次>

がんについて

がん(ガン癌)とは何なのか?
がんの基本的な事やがんの治療費やがんの概念、悪性腫瘍などについて解説していきます。
がんの基礎についてまずは学びましょう!
がんは日本人死亡原因1位です。がんは特別な病気ではありませんよ!
がんの基礎についてしっかり学びましょう

関連エントリー