Top >  がんについて >  悪性腫瘍

悪性腫瘍

悪性腫瘍について

がんのことです。
悪性腫瘍には次の三つの特徴があります。

・浸潤:周囲の健康な組織や器官に染み込むように発育し破壊します。

・転移:がん細胞が腫瘍から分かれて、血管やリンパ系に入ることがあります。
その結果、身体の他の場所に広がり、新しい腫瘍を作ることを転移といいます。

・再発:原発腫瘍を切除しても、すでにがん細胞が全身に広がっている場合や、切除した場所にがん細胞が残っている場合、がんが再び発現することがあります。

pet_icon_2.gif


PET検査を行えば腫瘍が悪性か良性かの診断が可能
となります

<前>   |  悪性腫瘍  |   <次>

がんについて

がん(ガン癌)とは何なのか?
がんの基本的な事やがんの治療費やがんの概念、悪性腫瘍などについて解説していきます。
がんの基礎についてまずは学びましょう!
がんは日本人死亡原因1位です。がんは特別な病気ではありませんよ!
がんの基礎についてしっかり学びましょう

関連エントリー