Top >  がん保険と実態 >  がん保険の基礎

がん保険の基礎

がん保険とは?

がん保険とは、がんと診断された時点から(がん診断保険金)
がん入院(がん入院保険金)
がん手術(がん手術保険金)
がん退院、通院(がん退院後療養保険金)

上記がん治療をトータルに保障し、がんの再発なども含めて長期的に対応する保険です。


医療保険に入っていれば「がん」の場合も大丈夫とお考えになるかもしれませんが、「がん」は治療費がとても高額になる傾向があるので、通常の医療保険ではカバーしきれない場合が多いです。

がん保険(ガン保険)

病気やけがなどを広範囲に保障する医療保険とは異なり、がんによる手術・入院のみを保障する保険。
がん専用であるため、医療保険よりも保険料が安い場合が多い。


がんと診断された場合の給付金、がんによる入院の際は入院給付金の支払い限度日数に制限がないなど、がんになった場合の保障が厚いのが特徴。

特約を付ければ、がん以外の病気やけがに対する保障も可能です。

<前>   |  がん保険の基礎  |   <次>

がん保険と実態

がん保険について
がん保険とは何?上手ながん保険の入り方は?などがん保険の基礎から応用まで解説します。がん保険は現代人には必要な保険です。がん治療は高額になりがちですので、がん保険については必ず学びましょう!

関連エントリー