Top >  直腸がんの基礎 >  直腸がんとは?

直腸がんとは?

直腸がんは、直腸の粘膜にできた悪性の腫瘍です。
直腸がんは結腸がんとともに最近増えているがんの一つです。

直腸がんは特に40歳台から増加して60歳台が最も多くなっています。

また、直腸ガンは一般的に男性に多いといわれています。
日本の死亡原因はがんが第1位で、大腸がん(結腸がん,直腸がん)は、年々増加しています。

<前>   |  直腸がんとは?  |   <次>

直腸がんの基礎

直腸がんとは何か?
直腸がんの基礎知識から、直腸がんの種類や直腸がんの治療法について解説していきます
直腸がんの基礎から治療について学んでいきましょう

関連エントリー