Top >  直腸がんの基礎 >  直腸がんの原因

直腸がんの原因

直腸がんは肉食の多い欧米人に大腸がんあるいは直腸ガンの発生が多いことから、動物性脂質や動物性タンパク質の摂取量が増えたのに対し 炭水化物や食物繊維の摂取量が減っている事が要因です。

大腸内に留まる時間が長くなり、食物に含まれていたり、 代謝によって発生した発癌物質が大腸粘膜に接している時間が長くなったためであると考えられています。

また粘膜に発生した良性のポリープががんに変化することも知られているようです

<前>   |  直腸がんの原因  |   <次>

直腸がんの基礎

直腸がんとは何か?
直腸がんの基礎知識から、直腸がんの種類や直腸がんの治療法について解説していきます
直腸がんの基礎から治療について学んでいきましょう

関連エントリー