Top >  直腸がんの基礎 >  直腸がんの症状

直腸がんの症状

直腸がんの初期には自覚症状がありません。

がんが大きくなると血便や排便異常、残便感、腹痛、下痢と便秘、腹部のはり、貧血症状などが出てきます。
肛門に近い部分にある直腸がんでは赤いはっきりとした血便が多く認められます。
排便異常や残便感、腹痛などは大腸の内腔が、がんで狭められたときに現れやすい症状になります。

さらにはがんが進行して肺や肝臓に転移したことで呼吸が苦しくなったり、咳がでたり、背中や腹部が張ったり痛くなったり、 食欲不振になったり黄疸症状が出て気が付く場合もあります

<前>   |  直腸がんの症状  |   <次>

直腸がんの基礎

直腸がんとは何か?
直腸がんの基礎知識から、直腸がんの種類や直腸がんの治療法について解説していきます
直腸がんの基礎から治療について学んでいきましょう

関連エントリー