Top >  PET検査Q&A >  PETの弱点は?

PETの弱点は?

PETにも弱点がいくつかあります。

そのひとつは空間分解能が悪いという点です。
写真で例えればピントがずれたような画像のことです。

PETの画像だけでは、異常が発見されてもピントが悪いために「病気がどこにあるのか」ということがはっきりとわからない場合があります。

この解決策として、PETの画像を評価する際には必ずCTやMRIといった、空間分解能のよい画像と対比させて診断することが重要となります。



PETでは診断が難しい、あるいはその有用性が低いがんとは?

→胃がん・腎がん・尿管がん・膀胱がん・前立腺がん・肝細胞がん・胆道がん・白血病などです。

ただし、これらのがんは「原発巣の診断には向かない」ということで、遠隔転移や再発診断にはPETが有効なケースもあります。

<前>   |  PETの弱点は?  |   <次>

PET検査Q&A

がんやPET検査についての質問と回答です
PETやがん検査で疑問に思うことや良くある質問をまとめてみました。がん検査の際にはぜひ参考にして下さい

関連エントリー