Top >  PET検査Q&A >  ペット検査は狭心症、心筋梗塞の診断に有効なの?

ペット検査は狭心症、心筋梗塞の診断に有効なの?

狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気の診断もPET検査で可能です。

本来心臓は脂肪酸のエネルギー源として働いていますが、異常な部位ではブドウ糖が使われます。
この変化をとらえて、病気の診断をします。

がんの早期発見や転移、判断だけの検査に思われがちですが、PET検査はこのように多岐分野にわたり有用な診断、判断材料を提供できます。

PET検査の高い有用性も参考にして下さい

<前>   |  ペット検査は狭心症、心筋梗塞の診断に有効なの?  |   <次>

PET検査Q&A

がんやPET検査についての質問と回答です
PETやがん検査で疑問に思うことや良くある質問をまとめてみました。がん検査の際にはぜひ参考にして下さい

関連エントリー